障害年金

障害年金

障害をお持ちの方は、国からの支援が豊富にあります。
その中の一つに年金があります。
その年金の名称は、障害基礎年金、障害厚生年金です。
障害厚生年金の金額の算定は、今まで厚生年金を納めた期間と金額によって変わってしますので何とも言えませんが、障害基礎年金は、年額約80万円くらいになります。
年金の時効が5年なので最大5年前までさかのぼることができます。

以前、私は介護支援専門員(ケアマネジャー)や認知症デイサービスの管理者、特別養護老人ホーム(通称特養)で介護福祉士としての実務もあります。
介護と障害の違いはありますが、障害をお持ちの方も多数接していました。
だから、私自身は障害の実態を他の社労士の方より遥かに詳しく知っていると思っています。
その経験を生かして分かりやすく諦めずに障害をお持ちの方のために頑張っていきたいと思います。

時間は、一刻一刻と過ぎて時効により本来貰える給付が貰えなくなる前に年金機構に請求した方がいいと思います。

料金

初回の成功報酬の10%
相談無料です。


神奈川県小田原支部
社労士 島津 匡宏(しまづ まさひろ)

タイトルとURLをコピーしました