10月になって給与計算で考えなければならないこと【社労士島津】

10月になって給与計算で考えなければならないこと【社労士島津】

そろそろ、年末調整に向けて今やれることを早めに終わらせることです。
主に今までの給料を年末調整のソフトに入力です。
次に社会保険料が9月から算定基礎届によって標準報酬月額が変わっっています。
9月分の給料が10月に支払われる会社は、社会保険料が新しい標準報酬月額に基づき控除してください。

10月は、社会保険料に気を付けることが大切です。
給与計算上ではないですが、そろそろ年末に向けてパートさんが130万円以内に調整したいから、今、いくら稼いできたか知りたい人も多くいると思いますので、賃金台帳で確認しておくのもいいと思います。

実際は、この時期は、賞与を貰って辞めようとする人も多くいるので退社も少なく労務的には余裕があると思います。
そんな時は、年次有給休暇を取るのも一つの手ですね。

共同経営をしている鈴木美帆税理士事務所のホームページはこちら。


神奈川県小田原支部所属
社労士 島津 匡宏(しまづ まさひろ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました