9月になって給与計算で考えなければならないこと【社労士島津】

9月になって給与計算で考えなければならないこと【社労士島津】

この記事を読むべき対象者は、毎月給与計算をしている人です。
この記事の内容は、給与計算している人が、9月に気にしなければならないことを書いています。
約600文字程度ですのでかなりあっさりと読めると思います。

社会保険料

7月に社会保険で算定基礎届というものを出したと思います。
算定基礎届というのは、簡単に言うと4,5,6月の報酬の平均を年金機構に届け出をすることです。

その結果が反映されるのは、9月からとなります。
9月の社会保険料は、算定基礎届に基づいて10月の末に徴収されることになります。
すなわち、仮にお給料が末締め、翌月15日払いの会社があったとしますと今月(9月)の保険料から標準報酬月額が算定基礎届に基づいて変わり、来月(10月)の15日に支給する給料から社会保険料が変わることになります。

あくまで、9月分の保険料から変わるということになり、それに対応してご自身の会社で算定基礎届に基づく社会保険料を適用するのことになります。

まとめ

9月で気にしなければならないことは、社会保険料が変わる ということ。
しかし、9月分の社会保険料が変わったからといって、9月に実際に支給される給料から適用されるかは、各会社によって異なる ということ。

以上の事に気を付けて日々の給与計算に邁進してください。
分からなければ、去年の賃金台帳を見てください。
すると8月支給分、9月支給分、10月支給の社会保険料を見比べて、8月の社会保険料を基に社会保険料が変更された月が変更月なので、その月に合わせて変更してください。
要するに社会保険料は1年間原則同じなので12月分を確認してくださいということです。

最後に
年末には、年末調整があります。
そのために今の時期に今年の1月からのお給料を辞めた人を含めて少しでも入力を進めては如何でしょうか?
年末は何かと忙しいので時間がある今に少しでもやっておくことをお勧め致します。


神奈川県小田原支部
社労士 島津 匡宏(しまづ まさひろ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました