賃金とは

賃金とは

初めまして
神奈川県小田原支部所属の島津社会保険労務士事務所の所長の社労士の島津匡宏です。

今回の記事について

この記事を読むべき人は、賃金について詳しく知りたい人です。
この記事を読んで得られることは、賃金についての正しい知識と理解と判断です。
すなわち、ご自身が実務において賃金の判断ができるようになることを目的にしています。

説明

賃金とは、労働法で使われる言葉です。
労働法とは、色々ありますが皆さんの生活で関係してくるものとしては、労働基準法、労災保険法、雇用保険法、パートタイム労働法や育児介護休業法、派遣法と労働する上で欠かせない法律のことです。
ちなみに健康保険法や厚生年金法、介護保険法などは、社会保険法のくくりになります。
私たち社労士は社会保険法、労働保険法の法律家なので社会保険労務士と呼ばれています。

労働基準法 第11条
賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対象として使用者が労働者に支払う全てのものをいう。

と記載されています。

法律は、少し細かくて内容は難しいので要約します。
・名称は問わない。
・労働の対象。
・使用者が労働者に支払うすべてのもの。

名称は問わないとは、そのままの意味でとらえて頂いて構わないです。
例えば、臨時の手当、奨励金であろうとです。
次に労働の対象とは、すなわち労働者として働くことです。
労働者については、話しがとても長くなるので詳しくは下のリンクからご確認下さい。
労働者については、こちらで記載されています。
使用者とは指揮命令を下しているもので、社長を含み、労働者であっても労働者性のない者からの指揮命令や具体的な指揮命令をしていなくとも暗に使用者の指揮命令を意図するものも含みます。
使用者についても後日記事にしたいと思います。

上記の労働者、使用者の定義はとても大切ですのでしっかり理解することをお勧めします。
すべてのものとは、現物給付(物であげること)であっても含みます
例えば、会社で定期券を買ってその買った定期券を本人に渡した場合、その渡した定期券代も賃金に含むということです。

例題

Q.チップは賃金でしょうか?

答え
賃金にはなりません。
理由
使用者から貰うものではなく、お客様から貰うものだからです。
ただし、チップを一度会社で集めて労働者に均等に配る場合は、使用者から貰うものなので賃金になります。

最後に

労働法(労働基準法、労災保険法、雇用保険法等)は働く人を労働者と言い、給料の事を賃金といいます。
社会保険法(健康保険法、厚生年金法等)では、働く人を従業員と言い、給料の事を報酬と言います。
法律によって定義が違います。
労働者、賃金、従業員、報酬の定義はしっかり理解しておくといいと思います


神奈川県小田原支部所属
社労士 島津 匡宏(しまづ まさひろ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました