労働基準法の労働者とは

労働者

【労働基準法 9条】
この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。

解説

 

労働者=指揮命令+賃金

指揮命令とは、使用者に命令されて行う仕事のことです。
すなわち、使用者に使用されて賃金を支払われている者です。

賃金とは、名称の如何を問わないものです。

簡単に言えば、使用者に言われて行った作業に対して、その者からお金(現物支給含む。)を貰った場合です。
使用者は1人とは限らないです。

外注者の場合を例に取ると外注者に対して通常、使用者は指揮命令はしません。
外注者にはやって欲しい仕事量をこなしてくれれば、いいだけなので休憩や仕事の手順までを事細かく言いません。
指揮命令が無いのだから、労働基準法の休憩の適用は当然ないです。
なぜなら、労働者ではないからです。
労働者の最低限度を定めているのが労働基準法であるから、そもそも労働者でない者は適用されないからです。

指揮命令というのがとっても大切なキーワードになのでよく覚えてください。

賃金を支払われてないものの例としてボランティアがあります。
ボランティアは、指揮命令を受けても賃金を受けていないので労働者にはなりません
ボランティアは、好きで来てるのだから嫌なら来ないっていう考えなのでしょうね。

最後に家族はというと指揮命令が原則無いものとみなされますので労働者ではないです。
指揮命令があるかないかは個別で実態、賃金額で判断します。
家族の労働者性は、同一の作業をしている労働者(家族以外のもの)と比較します。
ですから、家族以外の労働者がいるのが前提になります。
その上で役員報酬の有無、同居の有無、賃金の額で判断することになります。

まとめ

まず大切なのは、労働者であるか、無いかということ。
すなわち、指揮命令をされているか、されていないか。
賃金(給料等)を貰っているか、いないか。
で判断します。

労働者であれば、法律上当然に労災保険に加入します。
労働者で一定条件であれば雇用保険に加入します。
その保険料は、まとめて7月の上旬に一括で支払います。
このくらいまで理解していれば大丈夫だと思います。

何か分からないことや相談事がございましたら下記のフォームからご相談ください。


神奈川県小田原支部所属
社労士 島津匡宏(しまづ まさひろ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました